koumoku1.gif
buttona.gif home buttonb.gif news buttona.gif about us buttonb.gif gallery
buttonb.gif studio buttona.gif buttonb.gif mail
buttona.gif link buttonb.gif party report buttona.gif online shop
koumoku2.gif



9
接着剤を塗る kwz/studio/kwz01.jpg プライマーを塗っておいた部分に、今度は接着剤を塗ります(接着したい部分の両方に)。
どんな接着剤でもそうですが、この接着剤でも塗っている最中にラバーシートが丸まってきます。とくに0.3ミリ程度の比較的薄いラバーシートが丸まりやすいようです。接着剤が塗ってある面同士が触れ合わなければ大丈夫ですから、平常心で乗り切りましょう。
慣れてくれば指で抑えながら作業を進められるようにもなりますが、作業台の表面にあらかじめ両面テープを貼っておいて、シートを固定してしまうのも一つの手です。
10
さらに待機 kwz/studio/kwz01.jpg この接着剤は、ある程度乾いてから貼るタイプ。塗った接着剤の表面があまりベタつかなくなるまで(15分くらい)待ってから貼り合わせます。
11
いよいよ貼り合せ kwz/studio/kwz01.jpg 接着剤を塗った部分同士を貼り合せていきます。ラバーは伸びやすい素材ですから、同じ寸法に切ったはずの2枚のラバーが、貼ってみたらぜんぜん長さが合わなかった、なんてこともしばしば。2枚をできるだけ引っ張らないようにすることがコツです。両方のノリシロに5センチおきぐらいに「合印」をつけておくのも、対策の一つです。
また、長い距離を接着する場合には、余計な場所がくっついてしまわないように、広告などの紙を挟み込んで、ずらしながら貼り合わせていくと作業が楽。
12
ローラーで圧着 kwz/studio/kwz01.jpg がっちり接着するための1番のポイントが「圧着」。張り合わせた部分にローラーなどで、「ごぉぉりごぉぉり、ぎゅぅぅぅぅぅっっ」と圧力をかけます。これはレザークラフト用のローラーで、東急ハンズなどで売ってます。何ヵ所もやってくるとちょっと体力的にへこたれてきますけど、がんばって。
13
そして最後にまた待機 kwz/studio/kwz01.jpg 接着剤が完全に乾燥するまで、また待機。24時間ほどは放って置いてあげましょう。この放置時間がないと、100%の接着性能が発揮できません。
14
完成!! kwz/studio/kwz01.jpg 完全に接着剤が乾いたら、いよいよ完成!これさえあれば、キャットスーツも自作できる〜〜〜!!(はず)。
15
やた〜〜〜!! kwz/studio/kwz01.jpg まあ、キャットが作れるかどうかは置いておいて、とりあえずうれしいときは全身で喜びを表現しましょう。健康にも良いです。


次ページは道具紹介などのマメ知識などなど

back.gif

top home news about us gallery studio blog mail link event report online shop

Copyright © 2003-2012 Karwanz fetish .com